2019.01.18更新

諦めずに長期的なスパンでAGA治療を行いましょう

普段の食生活で亜鉛などの栄養素が不足すると、AGAという男性型脱毛症の直接的な原因となる、ジヒドロテストステロンという極端に男性的な働きをする男性ホルモンが発生しやすくなってしまいます。
AGAがある程度進行すると食生活を見直すだけでは、なかなか改善できないので、AGAの症状を専門的に診察をするクリニックなどで治療を受ける必要が出てきます。
一番一般的な治療方法は内服薬を処方する方法なりますが、効果が現れるまでには時間がかかります。
お医者さんの指示に従って一年以上服用を続けた結果、五割を超える患者さんが何らかの発毛の効果を実感していますが、もう一年服用を続けて、初めて発毛の効果を実感できる人もいますので、最初の一年間で諦めずに根気良く服用を続けることによって発毛の効果が実感できる可能性が高めていくことができるということになります。
少なくとも半年はAGAの治療薬の服用を継続しないと判断ができないということがいえます。
実際にAGA治療薬であるエフペシアやフィンペシアで抜け毛を阻止できたという事例もありますので、治療には根気強さが大事です。
牡蠣 また、治療している期間は食生活を見直し、ジヒドロテストステロンの発生を抑える効果がある亜鉛を豊富に含む食材である、牡蠣や豚レバー、牛肉などを栄養バランスにも気をつけながら積極的に摂取する必要があります。
また、過度な飲酒はせっかく摂取した亜鉛の成分が、アルコールを分解するために消費されてしまうため、適量に抑える必要があります。
お医者さんと相談して、髪の毛が薄くなっている部分に外用薬を塗布して、頭皮の毛細血管の血流を改善させる治療も併行して行うと効果が高まる可能性があります。
とにかく、AGA治療を実施する場合には前もって長期戦になるという気持ちで臨むと、良い結果に結び付きやすくなります。